トップページ国際交流大韓民国 ソウル特別市麻浦区
国際交流
にほんご English 中文 ハングル Tagalog
  • イベント/講座案内
  • 国際交流ボランティア
  • 活動記録
  • 友好都市交流
  • 外国人のための情報

友好都市交流

大韓民国 ソウル特別市麻浦(マポ)区

大韓民国 ソウル特別市麻浦区

大韓民国の首都であるソウル特別市は25区に分かれており、その1つが麻浦(マポ)区です。
ソウル市の中西部に位置し、南側には漢江が流れています。麻浦(マポ)区には韓国の芸術系大学の最高峰である弘益大学があり、その周辺は若者が集まる文化・芸術の発信地となっています。


ソウル特別市麻浦(マポ)区立合唱団コンサート <終了報告>
韓国から麻浦(マポ)区立合唱団が初来日、歌声を披露しました!

2015年11月に葛飾区と姉妹都市提携を結んだ大韓民国の首都、ソウル特別市麻浦(マポ)区から、韓国トップの実力を誇る「麻浦区立合唱団」32名が来日し、区民招待コンサートを開催しました。

「麻浦区立合唱団」は韓国国内で合唱大会としては唯一大統領賞の勲格が存在する大統領賞全国合唱コンクールで大賞を受賞、韓国代表として海外のコンクールに参加するなど、高い評価を得て国内外で活躍中の女性合唱団です。

日本初来日となった今回のコンサートには、ゲストとして葛飾区合唱連盟より区内合唱団を代表して「かつしかジョイフルハーモニー」が出演し、両区の合唱交流が実現しました。
公演当日、第一部の幕が上がると、舞台には白とブルーの鮮やかなチマチョゴリに身を包んだ合唱団が登場し、アリランをはじめとする韓国歌曲を合唱。第二部はかつしかジョイフルハーモニーによる日本の歌で始まり、続いて真っ赤なドレスに着替えた麻浦区(マポ)立合唱団が韓国ポップス、英語の歌を披露しました。アンコールでは日本語で「ほたるこい」を、続いてかつしかジョイフルハーモニーと共に「ふるさと」を合同合唱し、美しく澄んだハーモニーが会場を魅了し、場内からは大きな拍手がわきおこりました。

麻浦(マポ)区を代表する歌姫たちの素晴らしい歌声を堪能すると共に、合唱という共通言語で麻浦(マポ)区と葛飾区が交流を行ったコンサートとなりました。

日 時 11月22日(水) 18:00開演
会 場 アイリスホール

▲ ページトップへ

麻浦区青少年フットサル友好訪問団受入 <終了報告>
葛飾区、麻浦区の小学生がフットサルで国際交流!
image

2017年3月末、葛飾区の姉妹都市、韓国ソウル特別市麻浦区から小学生のフットサル選抜チームが来日し、小菅西公園フットサル場にて葛飾区選抜チームと第二回青少年交流試合を行いました。

試合は開始直後から実力拮抗の展開となり、第1試合は麻浦区、第2試合は葛飾区が勝利。第3試合は日韓混合チームを結成しての試合となりましたが、ここは小学生と言えども両区選抜選手の力の見せどころ、言葉の通じない即席チームながらお互いに声をかけあって見事なゲームを展開、この日一番の盛り上がりとなる接戦を繰り広げ、観客を沸かせました。

昼食時はひとつテントの下で日韓の選手が一緒にお弁当を食べながら交流し、覚えたての単語を並べたり身振り手振りで楽しそうにコミュニケーションを図り、フットサル場は賑やかな笑い声に包まれました。また試合後は記念品を交換したり、ユニフォームを交換する選手など、フットサルを通じ言葉を超えた思い出深い交流となったことを実感させる光景が見られました。

麻浦区の選手は試合前日に葛飾区副区長、議長を表敬訪問、区内スポーツ施設を視察するなど、短い滞在ながら葛飾区を中心に充実した時間を過ごしました。

両区の若き選手たちがフットサルを共通言語に全力で向き合い、健闘を称えあう姿は、彼らが今後の葛飾区と麻浦区友好の架け橋となることを予感させました。今後も葛飾区と麻浦区との友好交流にどうぞご注目ください。

日 時 3月30日(木)~4月2日(土) 4日間

▲ ページトップへ

2016年度 麻浦区青少年フットサル友好訪問団受入<終了報告>
言葉の壁を越えた交流ができました!
日 時 2016年4月2日(土)~5日(火) 4日間

2015年11月に葛飾区と姉妹都市協定を結んだ韓国ソウル特別市麻浦区との初の青少年交流が行われました。

今回来日したのは、10名からなる麻浦区の小学生チームを中心とした訪問団。4月3日(日)に行われた「小菅西公園フットサル場」オープニングイベントに参加し、葛飾区の小学生選抜チームとの交流試合や合同練習に参加しました。1つのボールを追いかける少年たちの間には、言葉は無用。とても息のあった合同練習を楽しみました。

また、昼食時や休憩中も、片言の日本語、片言の韓国語、片言の英語、そして「友達になりたい!」というたくさんの気持ちで、あっという間に打ち解けた両国の子どもたち。一緒にふざけて一緒に注意されて、それでもまた懲りずにふざけあって・・・と、子どもらしい姿が見られました。今後の国際化社会を担う子どもたちの可能性を感じた、すばらしい交流となりました。

その他にも、副区長表敬訪問や、柴又での和菓子づくり体験、区内スポーツ施設の見学などの公式行事に参加した訪問団は、短いながらも有意義な滞在日程をこなし、帰国しました。

はじまったばかりの葛飾区と麻浦区との友好交流、今後もぜひご注目ください!


▲ ページトップへ