【施設の貸出再開にあたっての利用条件について】2020年9月18日更新

感染防止策の徹底を前提に、2020年9月19日よりホール、10月1日よりその他施設の収容定員を50%から100%に緩和いたします。

施設の利用条件をご確認ください。

ご利用にあたっては、事前の検温、マスクの着用、参加者名簿及び個人情報提供に関する同意書の提出等、ご協力をお願いいたします。

実施いただく感染予防対策必要提出物は以下をご確認ください。

 

■施設ご利用の皆様へ 〜感染予防のためのお願い〜 PDF

■施設ご利用にあたっての提出物について 〜利用施設別提出物のご案内は《こちら》

 ・様式1イベント等開催における感染症防止対策チェックリスト PDF

 ・様式2葛飾区文化施設入館名簿

     <ホール>PDF <ギャラリー>PDF <会議室>PDF <練習室>PDF <リハ室・レク室>PDF

 ・様式3健康状態チェックシート

     <ホール>PDF <ギャラリー>PDF <会議室>PDF <練習室>PDF <リハ室・レク室>PDF

     ※健康状態チェックシートは、入館時に記入(氏名・連絡先・体温等)し、ご提出いただきますが、
      余裕をもってご来館いただけない場合は、事前に記入しご提出ください。

 

■施設の利用条件について 2020年9月18日更新

各施設の収容定員を50%から100%に緩和し、以下の利用条件を設定して貸出を行います。
ご利用にあたっては、検温・マスク着用など感染予防対策の実施、参加者名簿及び個人情報提供に関する同意書の提出等
ご協力をお願いいたします。利用条件につきましては、状況を見極めながら見直しを行います。 (次回見直し目途:11月末)

 

文化会館(かつしかシンフォニーヒルズ)

<本館>

 ●モーツァルトホール・アイリスホール・楽屋---9月19日から収容定員の100%で利用可。

 (※観客に大声での歓声・声援、又は歌唱等がないことを前提としうる催物については、感染防止策の徹底を前提に
   参加人数は収容定員までとする。)

 ●ギャラリー ----扉を解放して使用(給湯室を含む)。

 ●練習室1・2・3 ----10月1日から収容定員の100%で利用可、マスク着用にて実施可能な利用のみ。  

練習室での管楽器演奏は、10月1日より収容定員の20%<練習室1: 20名、練習室2・3:4名>まで利用可。

[注意事項]@床に唾液等が付着しないよう対策をとる。A水抜きを行う際はタオルなどを使用し水分の飛び散りを抑える。

      B演奏時は、2m以上の間隔をとる

 ●リハーサル室-----10月1日から収容定員の100%で利用可、マスク着用にて実施可能な利用のみ。(リハーサル室の単独利用可)

 

<別館>

 ●各会議室----10月1日から収容定員の100%で利用可。(※飲食を伴う利用の場合は、収容定員の50%以下)
 ●第1レクリエーションルーム・第2レクリエーションルーム----10月1日から収容定員の100%で利用可。
 ●練習室A~C ----10月1日から収容定員の100%で利用可、マスク着用にて実施可能な利用のみ。

※ 練習室での管楽器演奏は、10月1日から収容定員の20%<練習室A:3名、練習室B・C:1名>まで利用可。
[注意事項]@床に唾液等が付着しないよう対策をとる。A水抜きを行う際はタオルなどを使用し水分の飛び散りを抑える。
      B練習室A・B・Cは、時間貸しのため、利用開始時に5分程度の換気を行う(その間の音出しはできません)。
      C演奏時は、2m以上の間隔をとる

 ●アトリエ -------10月1日から収容定員の100%で利用可。

 

亀有文化ホール(かめありリリオホール)

 ●リリオホール・楽屋---9月19日から収容定員の100%で利用可。
 (※観客に大声での歓声・声援、又は歌唱等がないことを前提としうる催物については、感染防止策の徹底を前提に
   参加人数は収容定員までとする。)

※ 管楽器演奏は、@床に唾液等が付着しないよう対策をとる。A水抜きを行う際はタオルなどを使用し水分の飛び散りを抑える。

 ●リハーサル室・会議室-----10月1日から収容定員の100%で利用可、マスク着用にて実施可能な利用のみ。
              (リハーサル室の単独利用可)

 

【お願い】・各施設(ホールを除く)は、1時間を目安に5~10分ほど扉を開放し、換気を行ってください。(その間の音出しはできません)

     ・10月1日より、練習室A・B・Cへの箏の貸出を除き、全ての備品の貸出を再開します。

      詳しくは、受付にお問合せください。

▲ ページトップへ