トップページ施設案内料金及び設備案内>モーツァルトホール 緞帳(どんちょう)
かめありリリオホール

緞帳(どんちょう)
モーツァルトホールには2種類の緞帳を備えており、開演前のひとときを楽しませてくれます。

和緞帳 『陽春』
加山 又造 作
加山又造氏は、現代日本美術界においてたいへんな人気を有しており、その作品の特徴は、絢爛豪華な装飾性にあるといわれています。
また、世に出る直前の研鑽期に葛飾区立四つ木中学校で教鞭をとっていたという、葛飾にゆかりのある作家です。
「桜」をテーマにしたこの緞帳はモーツァルトホール全体の華麗な雰囲気に調和する気品と格調をそなえています。
〔原画は、モーツァルトホールホワイエにて展示〕


洋緞帳 『マッシュルーム』
フンデルトワッサー 作
現代オーストリア美術を代表する作家フンデルトワッサー氏。
その作風は詩的な装飾的抽象様式といわれ、また、ウィーン市では環境に溶け込んだ市営住宅ワッサーハウスの建築デザインをするなど幅広く活躍しています。
建築と自然と人間との融合を唱える氏は、この作品でも建物がキノコのように自然と調和した生活を人々にもたらす様子を描いています。


▲ ページトップへ