トップページ国際交流大韓民国 ソウル特別市麻浦区
国際交流
にほんご English 中文 ハングル Tagalog
  • イベント/講座案内
  • 国際交流ボランティア
  • 活動記録
  • 友好都市交流
  • 外国人のための情報

友好都市交流

大韓民国 ソウル特別市麻浦区(まぽく)

大韓民国 ソウル特別市麻浦区

大韓民国の首都であるソウル特別市は25区に分かれており、その1つが麻浦区(まぽく)です。
ソウル市の中西部に位置し、南側には漢江が流れています。麻浦(マポ)区には韓国の芸術系大学の最高峰である弘益大学があり、その周辺は若者が集まる文化・芸術の発信地となっています。


2019年度 麻浦区(まぽく)青少年フットサル友好訪問団受入 <終了報告>
葛飾区、麻浦区の小学生がフットサル友好試合を通じて国際交流!


葛飾区の姉妹都市、韓国ソウル特別市麻浦区から小学生のフットサル・チームを中心とした訪問団が来日し、葛飾区および区議会への表敬訪問を行った後、葛飾区の小学生選抜チームと交流試合を行いました。

水元総合スポーツセンターで行われた交流試合は、対抗戦のあと、両区の選手が混ざってチームを組む混合戦、そしてPK戦、と形を変えながら進み、ある時は対戦相手、ある時はチームメイトとして技を競い合い、白熱の試合を繰り広げました。

昼食時は一緒にお弁当を食べながら、覚えたての韓国語、誰かに聞いた日本語が飛び交い、しゃべったり、笑ったり、ふざけたりと、小学生らしいにぎやかな声があがり、あっという間に時間が過ぎていきました。

フットサルは全力で挑み、休憩時間は全力で遊び、密度の濃い一日を共に過ごした選手たち。試合終了後は固い握手を交わし、ハイタッチや言葉をかけあって別れを惜しむ姿が見られました。

2015年に姉妹都市協定が結ばれて以来、葛飾区での青少年スポーツ交流は4回目を迎えました。今回も選手たちはフットサルを通じて親交を深め、彼らが将来の葛飾区・麻浦区友好の懸け橋となることを予感させる一日となりました。この受入にご協力いただいた葛飾区サッカー連盟を始めとする関係者皆様に感謝いたします。今後も葛飾区と麻浦区との友好交流にどうぞご注目ください!

日 時 4月19日(金)〜22日(月)
会 場 水元総合スポーツセンター

▲ ページトップへ

2017年度 麻浦区(まぽく)立合唱団コンサート <終了報告>
韓国から麻浦(マポ)区立合唱団が初来日、歌声を披露しました!

2015年11月に葛飾区と姉妹都市提携を結んだ大韓民国の首都、ソウル特別市麻浦(マポ)区から、韓国トップの実力を誇る「麻浦区立合唱団」32名が来日し、区民招待コンサートを開催しました。

「麻浦区立合唱団」は韓国国内で合唱大会としては唯一大統領賞の勲格が存在する大統領賞全国合唱コンクールで大賞を受賞、韓国代表として海外のコンクールに参加するなど、高い評価を得て国内外で活躍中の女性合唱団です。

日本初来日となった今回のコンサートには、ゲストとして葛飾区合唱連盟より区内合唱団を代表して「かつしかジョイフルハーモニー」が出演し、両区の合唱交流が実現しました。
公演当日、第一部の幕が上がると、舞台には白とブルーの鮮やかなチマチョゴリに身を包んだ合唱団が登場し、アリランをはじめとする韓国歌曲を合唱。第二部はかつしかジョイフルハーモニーによる日本の歌で始まり、続いて真っ赤なドレスに着替えた麻浦区(マポ)立合唱団が韓国ポップス、英語の歌を披露しました。アンコールでは日本語で「ほたるこい」を、続いてかつしかジョイフルハーモニーと共に「ふるさと」を合同合唱し、美しく澄んだハーモニーが会場を魅了し、場内からは大きな拍手がわきおこりました。

麻浦(マポ)区を代表する歌姫たちの素晴らしい歌声を堪能すると共に、合唱という共通言語で麻浦(マポ)区と葛飾区が交流を行ったコンサートとなりました。

日 時 11月22日(水) 18:00開演
会 場 アイリスホール

▲ ページトップへ

2017年度 麻浦区(まぽく)青少年フットサル友好訪問団受入 <終了報告>
葛飾区、麻浦区の小学生がフットサルで国際交流!
image

2017年3月末、葛飾区の姉妹都市、韓国ソウル特別市麻浦区から小学生のフットサル選抜チームが来日し、小菅西公園フットサル場にて葛飾区選抜チームと第二回青少年交流試合を行いました。

試合は開始直後から実力拮抗の展開となり、第1試合は麻浦区、第2試合は葛飾区が勝利。第3試合は日韓混合チームを結成しての試合となりましたが、ここは小学生と言えども両区選抜選手の力の見せどころ、言葉の通じない即席チームながらお互いに声をかけあって見事なゲームを展開、この日一番の盛り上がりとなる接戦を繰り広げ、観客を沸かせました。

昼食時はひとつテントの下で日韓の選手が一緒にお弁当を食べながら交流し、覚えたての単語を並べたり身振り手振りで楽しそうにコミュニケーションを図り、フットサル場は賑やかな笑い声に包まれました。また試合後は記念品を交換したり、ユニフォームを交換する選手など、フットサルを通じ言葉を超えた思い出深い交流となったことを実感させる光景が見られました。

麻浦区の選手は試合前日に葛飾区副区長、議長を表敬訪問、区内スポーツ施設を視察するなど、短い滞在ながら葛飾区を中心に充実した時間を過ごしました。

両区の若き選手たちがフットサルを共通言語に全力で向き合い、健闘を称えあう姿は、彼らが今後の葛飾区と麻浦区友好の架け橋となることを予感させました。今後も葛飾区と麻浦区との友好交流にどうぞご注目ください。

日 時 3月30日(木)~4月2日(土) 4日間

▲ ページトップへ